体質改善住宅のおはなし

家づくりで重視することはなんですか?立地や間取り、金額も大事ですが、そこに住む家族の健康が最も大切なのではないでしょうか。

人間が摂取するものの中で、一番多いものが空気です。その空気を摂取する場所は、家の中が56%と言われています。それだけ家という場所は大事なものです。

現在、日本人の二人に一人は何らかのアレルギー疾患だといわれています。その原因には食べ物や飲み物だけでなく、住宅の室内環境も大きな要因なのです。

しかし、自然素材=「健康住宅」というわけではありません。当社が考えるバウビオロギー(建築生物学)に基づいた家づくりは、家を第三の皮膚と考え、より着心地のよい服を着せることにあります。それにより考え出されたのが六適工法『無敵の家』です。各部屋が一定の温度・湿度(温度・湿度バリアフリー)に一年中保たれていれば、肌に過度なストレスを感じさせず、かゆみやアレルギー症状も軽減できます。さらには、寒い季節に多いお風呂やトイレなどで「ヒヤッ」とするヒートショック現象の防御、万病の元ともいわれる低体温症も回避できるわけです。

また、オール電化で家計に優しいのも魅力です。家庭用エアコン1台で2階建て全部屋全室の温度と湿度を一定に保つことでオールシーズン快適に暮らせる、まさに『無敵の家』なのです。

おかげさまで、実際に住まれた方でアトピーやアレルギー症状が改善された方もいらっしゃいます。そして、さらにこのような噂は少しずつ口コミで広がりつつあります。

当社はこれからも体質改善住宅として、ますます研究を重ねてまいります。